犬の病気・犬の健康の相談サイト・犬だワン・健康クラブは、犬の病気を飼い主同士の助け合い相談


健康相談掲示板の過去ログです

知りたい内容を探すには?


犬の病気や犬の健康を語句検索

イボ切除と去勢手術について・・・  ひろさん

皆さん、はじめまして。
10歳9ヶ月のトイプードル♂についてご相談があります。 数年前から顔や体にイボが出来ています。肛門にも1つあって、最近少し大きくなってきたので、獣医さんから切除を勧められました。また、再発防止の為に去勢手術も勧められています。 今まで手術の経験もなく、麻酔をかける手術と聞いただけで不安になってしまいます。また、年も年なので今さら去勢かぁ・・と悩んでしまいます。

もし手術をするなら、去勢手術と全身にある約10個のイボを取ってもらう予定です。こういう手術って簡単なものなのでしょうか?
ご経験のある方、また皆さんの手術に対するご意見をお聞かせ下さい。
どうぞよろしくお願いします。

Re: イボ切除と去勢手術について・・・  はっちぽっちさん

メルマガに載っていたのを見て、ウチのイヌ(柴犬オス13歳)と似た症状だなと思い、メールいたします。
ウチのイヌは、アゴと胸と肛門にイボがあります。獣医さんにも診てもらいましたが、このようなデキモノはオスの老犬に多く、目の白内障同様、年をとると避けられないものだそうです。生活に支障もないし、老犬であるため、手術するにしても体力がもつかどうかもあるので、ムリに手術はせず、そっとしておきましょうとのことでした。
その後、肛門にイボはついたままですが、ウチのイヌは元気にしております。イヌは人間より年取るのが本当に早いです。白濁した目や、弱った足腰でヨタヨタ歩く様子を見ると、さみしい限りですが、それも自然の流れ。それでなくても獣医さん大嫌いなイヌなので、できるだけ体をいじったりせずに、最後まで一緒に暮らしてやりたいと思っています。
ひろ様のワンちゃんは10個もイボがあるそうで、ウチのイヌと少し症状が違うかもしれませんが、ご参考まで。

ありがとうございます   ひろさん

はっちぽっちさん、ご返信ありがとうございます。 ウチのイヌも今は全く生活に支障もありませんし、年を感じさせない位とても元気です。イボも全く気にしていません。 このまま年を重ねてくれれば何も心配はないのですが・・・。ただ何年か後に、あの時手術していれば・・と後悔はしたくないんです。

結局は飼い主である私が決断しなければいけませんね。優柔不断で本当に情けない飼い主です・・・。 はっちぽっちさんのワンちゃんもお元気なようで、このまま良い年の重ね方をしてくれるといいですね。 お話を聞かせて頂いて、本当にありがとうございました。

Re: ありがとうございます  カミオ

昔飼っていたポインターが毛が短いせいなのか、イボやピンク色の細長いできものなど、やはり出来ていました。元気でしたので、病院で細胞を調べて悪くないとのことなので、最後までそのままにしました。
犬の皮膚に出来る病気は種類が多くありますので、病気の種類(良性か悪性か、手術のリスクと予後、しない場合のリスクと今後の進行度など)など獣医と相談されてください。
年齢面もありますので、はっちぽっち様のご回答も充分参考になりますね。

ありがとうございます  ひろさん

すみません、No.38の送信間違ってしまいました。
カミオさん、ご返信ありがとうございます。
カミオさんのワンちゃんも手術されなかったんですね。細胞をお調べになったそうですが、それは切除しなくても調べられるのですか?良性だと安心しますね。 獣医さんにはこういう手術はよくやるものだからそんなに心配ないですよ、と言われたのですが、何せ心配性で優柔不断な飼い主な者で悩み続けています。年齢的にもあまり悩んでいる時間もないのですが・・・。
お話を聞かせて頂いて、とても参考になります。これからもよろしくお願いします。

再びメールさせていただきました  はっちぽっちさん

カミオ様のお話では、細胞の検査までされたとか! 人間の精密検査とあまり変わりないみたいですねえ。

私の個人的意見では、どちらかというと生活に支障がなければ手術しなくてもいいのではないかと思うのです。というのも、獣医さんが、肛門の手術は大量に出血する恐れもあるとおっしゃっていたものですから。イヌの年齢もあってか、かかりつけの獣医さんは、手術にはかなり消極的でした。連れていく獣医さんによって、診立てはいろいろなんですねえ。
今までイボのことなんて忘れていたのですが、最近イボのことについていろいろ述べているので、思い出して、この前ふと、散歩中イヌの肛門を見てみました。するとなんと、イボがなくなっているように見えるのです。前は赤いイボが痛々しく(イヌ本人は痛くもないのですが)肛門にひっついていたのですが、それがなくなったか、目立たなくなったかしたようです。イボはずっとなくならないと思っていたのですが、こんなこともあるみたいです。
こんなことを言って、ひろ様が余計悩んでしまわれると申し訳ないですが、とりあえず、 別の獣医さんに一度行ってみてセカンドオピニオンを求めてみるというのも一つの方法なのではないでしょうか?手術と言ったらおおごとです。手術を決断する、しないにせよ、迷ってしまって当然ですよ。 ワンちゃんのため、もうちょっとがんばってあげてください!

ありがとうございます   ひろさん

はっちぽっちさん、お気にかけて頂いてありがとうございます。
私も、別の獣医さんに一度診て頂いてお話を聞いてみたいと思ってはいるのですが、余計悩みそうで・・。 言葉足らずだったのですが、獣医さんがおっしゃるには肛門の方はイボではなくて腫瘍ではないか、ということでした。
このまま大きくならなければ手術なんてしないんですけどね、もし大きくなったら、その頃はもう手術は出来ないでしょうね。 う~ん、悩みます。でも本当に迷って当然ですよね。はっちぽっちさんにそうおっしゃって頂いて、少し気持ちが楽になりました!もうちょっと頑張って考えてみます。とりあえず、今月中には決断したいと思っていますが・・。
それにしても、はっちぽっちさんのワンちゃん、肛門のイボが小さくなって良かったですね!なくなっていたら、なおさら良いですね。そんなこともあるんですねぇ~。うらやましいなぁ。うちの子もそうなればいいのになぁ。
本当に本当に、ありがとうございました。 また何かありましたら、どんな些細なことでも結構ですのでお話聞かせてください。

どういたしまして☆   はっちぽっち さん

私のイヌの症例が、多少なりともひろ様の参考になりましたのなら幸いです。 手術するにせよ、しないにせよ、ひろ様のワンちゃんが元気で長生きしてくれることを祈っております。

ご報告です   ひろさん

はっちぽっちさん、カミオさん、改めてご相談に乗って頂きありがとうございました。 あれから別の獣医さんに診て頂いたり、私なりに悩み考えてきました。結局11月中に決断する事は出来ませんでしたが、先日無事に手術を終えることが出来ました。 皆さんのご経験やご意見を聞かせて頂き、とても参考になりましたし心強かったです。 本当にありがとうございました。

Re: ご報告です  カミオ 

そうですか、手術をされたのですね。 よかったです。 ご覧になっていただければ、はっちぽっちさんも喜んでくれていると思います。 今後も健康で長生きされることをお祈り致します。 では、では。

犬の体の部位などから探すには?


犬の病気や犬の健康を語句検索

Google
犬の病気や健康
脳・頭頸(首)・耳・鼻・咽喉(のど)・眼(目)・歯・口

犬の病気や健康
犬の病気・がん(ガン・癌・悪性腫瘍・白血病など血液のがん)

犬の病気や健康
足・皮膚・毛・骨・痴呆・手術

犬の病気や健康
お腹・大腸・小腸・直腸・卵巣・精巣・子宮・去勢・避妊・肛門・会陰ヘルニア・尿・便・腰・ヘルニア・膀胱

犬の病気や健康 食欲不振(食欲減退)・異常食欲・嘔吐・老犬・事故・ケガ・介護・痙攣・ふらつき・てんかん・気絶・ストレス・メンタル・夜鳴き・異常行動・衰弱・急変・重篤・危篤
犬の病気や健康 胃・肝臓・腎臓・膵臓(すい臓)・脾臓・胆嚢・副腎皮質機能・状腺血糖値・糖尿病・高脂血症・水・狂犬病・全身・原因不明
犬の病気や健康心臓・肺・循環器系(フィラリア症は寄生虫ですが)・血液・貧血・吐血・出血・喀血

犬の健康や病気相談

犬の病気・犬の健康の相談サイト・犬だワン・健康クラブは、犬の病気を飼い主同士の助け合い相談 ページのトップへ戻る