犬の病気・犬の健康の相談サイト・犬だワン・健康クラブは、犬の病気を飼い主同士の助け合い相談


健康相談掲示板の過去ログです

知りたい内容を探すには?


犬の病気や犬の健康を語句検索

犬の血液について

犬の血液について   りぼん さん

こんばんわ・・・・
パピヨン10歳から4歳の子を4頭、シーズ12歳1頭の多頭飼いをしています。 先日11歳のパピヨンを肺水腫で亡くしました。 ほかの子が心配になり検査をした結果、パピヨン全員が Hb20~23g/dlと高いんです。 シーズは大丈夫でした。 そのほかは以上はないんですが・・・
犬種的なものなのでしょうか?
それとも血液が粘ばい何が原因なのでしょうか・・・ 食事はドライフードと煮キャベツとスキムミルクです 血液がさらさらになるような食品などがあったら教えていただけませんか?
先日テレビで納豆がいいと放送されていたみたいなんですが見ることができなかったのですが納豆などあげていいのかどうか・・・・
今も亡くした子の悲しみが癒えてなくて今の子にはできるだけ元気で長生きしてほしいのです。
なにか情報があれば教えていただければうれしいです お願いします。

Re: 犬の血液について   カミオ さん

はじめまして。

確かに少し高いですね。でも4頭全部高いというのは、ちょっと不自然ですよね。他の数値は大丈夫そうですと楽観的にみると、検査のタイミングや種類にも影響があると思います。
肺水腫は、もともとの持病の影響も多くありますので、ご心配の場合、やはり病院でX線やコレステロールなども詳しく調べて見る必要があります。ある程度検査をされて、異常がなければ、あまりご心配にならない方が良いと思います。

必ず数値に異常が表れますので、その管理をしておくことで安心が出来るはずです。人も犬も生き物である限り、明日は大丈夫という明確なものはありません。でも食事や検査など予防、早期発見、こんなりぼんさんの気持が、必ず長生きにつながるはずです。 ご不安があれば、検査をしたり、お受けになられた獣医さん聞けば、ご安心されると思います。

Re^2: 犬の血液について   田中 さん

はじめまして。 血液がドロドロしている状態とは、血液中のコレステロールや中性脂肪、血糖、尿酸、などの成分が高濃度であることで、これらは様々な病気の原因になります。

特に循環器障害(心筋梗塞、動脈硬化など)や脳梗塞、痛風、糖尿病とそれに伴う合併症(白内障、失明、壊疽、腎障害、歯槽膿漏、皮膚炎など〉に移行する場合が多く、長寿を望めません。
ワンちゃんは人間とは消化酵素も違い人間と同じような食生活では改善できません。 特にワンちゃんは基本的に肉食が主体ですから、人間のように雑食と同様に考えてはいけません。 人間が消化できる食物でもワンちゃんには消化できないものが多くあります。

年齢に応じて幼犬、成犬、老犬によって与えるドッグフードも変えてあげる必要もあります。 納豆が良いという話を聞かれたということですが、もともと野生動物が食していない人工の発酵食品をワンちゃんが好むわけがありません。
ワンちゃんの食生活の改善点としては下記の4項目が重要です。
1 過食をさせずに栄養バランスの良い食事をさせる ・体重や運動量、年齢などで与えるカロリーをコントロールする(少なめに設定)
・栄養バランスで忘れがちな微量活性素(アミノ酸、ビタミン、ミネラル)を毎日すべての種類を少量ずつ与える。

2 食事回数を1日1回ではなく、3回にする。
・一度に食事を与えると脂肪が蓄えられるので、1日3回に分けて食事を与える。
・1日分のカロリーは、上記で計算した内容を厳守し、与えすぎない。

3 塩分・糖分を少なくする。
・ドッグフードや与える植物内の塩分・糖分を極力ゼロにする。
・牛乳に含まれる乳糖やジャーキーに含まれる塩分も注意して下さい。

4 ドッグフードは開封後、直ぐに与える。
・ドッグフードは、大袋を購入せずに、小袋(1回分か1日分)で購入し、その日に食べない残り分は廃棄する。
(酸化した食品は脂肪分が悪化して、肝臓にダメージを与え、血液中の中性脂肪やコレステロールなどが増加する)
・缶詰やレトルトフードも、開封後のものは密閉容器に移して、冷蔵庫で保管する(1日が限度)
・保存料や添加物が少ないナチュラルフードほど劣化が早く進むので注意する。

幼犬(1歳未満)以外は、乳製品は不要です。絶対に飲ませないで下さい。 スキムミルクも与えないで下さい。 水分は多めに与えてあげてください。 水道水は良くないので、通常のミネラルウォーターを常温で与えてあげてください。
煮キャベツよりもワンちゃんに良い植物繊維として、白米のお米を与えてください。
微量活性素は、食事で毎日バランスよく与えることはほとんど不可能ですから、最近、開発された犬用エキス・サプリメント:商品名「ラクトペットDR10」を毎日、数滴ずつ与えることによって、腸管免疫力の向上と身体全体の自然治癒力の強化が行えますので、利用してみて下さい。
ラクトペットDR10は、国内有機栽培無農薬大豆と天然湧水のみを原材料とした天然成分100%ですから、たくさん飲んでも安心ですし、ワンちゃんの好きな「特徴のある自然な香り」も、本来のワンちゃんのアロマテラピーとして作用しますので、ワンちゃんを癒してストレスフリーの元気な状態へと導きます。 多くの改善例や信頼できる医学データもありますので、きっと愛犬の健康のお役に立てると思います。 ラクトペットDR10は、液体を数的与えるだけなので、簡単で便利です。保存料など一切入っていませんので、冷暗所か冷蔵庫で保存して下さい。 2年間は大丈夫です。 ラクトペットDR10と併用すると非常に良い「天然植物性L型アミノ酸複合体(天然ビタミンC,ベータカロチン、ビタミンB群、クエン酸なども配合)」(医療用としても使用されています)を毎日舐めさせると、さらに元気で長生きをサポートできますので、一度、情報収集として、お気軽にお問合せしてみてください。

犬の体の部位などから探すには?


犬の病気や犬の健康を語句検索

Google
犬の病気や健康
脳・頭頸(首)・耳・鼻・咽喉(のど)・眼(目)・歯・口

犬の病気や健康
犬の病気・がん(ガン・癌・悪性腫瘍・白血病など血液のがん)

犬の病気や健康
足・皮膚・毛・骨・痴呆・手術

犬の病気や健康
お腹・大腸・小腸・直腸・卵巣・精巣・子宮・去勢・避妊・肛門・会陰ヘルニア・尿・便・腰・ヘルニア・膀胱

犬の病気や健康 食欲不振(食欲減退)・異常食欲・嘔吐・老犬・事故・ケガ・介護・痙攣・ふらつき・てんかん・気絶・ストレス・メンタル・夜鳴き・異常行動・衰弱・急変・重篤・危篤
犬の病気や健康 胃・肝臓・腎臓・膵臓(すい臓)・脾臓・胆嚢・副腎皮質機能・状腺血糖値・糖尿病・高脂血症・水・狂犬病・全身・原因不明
犬の病気や健康心臓・肺・循環器系(フィラリア症は寄生虫ですが)・血液・貧血・吐血・出血・喀血

犬の健康や病気相談

犬の病気・犬の健康の相談サイト・犬だワン・健康クラブは、犬の病気を飼い主同士の助け合い相談 ページのトップへ戻る