犬の病気・犬の健康の相談サイト・犬だワン・健康クラブは、犬の病気を飼い主同士の助け合い相談


健康相談掲示板の過去ログです

知りたい内容を探すには?


犬の病気や犬の健康を語句検索

ジャンプできなくなりました

ジャンプできなくなりました   miya さん

こんにちは、はじめまして
10歳になるメスのパピヨンを飼っています。 いつもぴょんと軽く飛び跳ねて段差も登れる子だったのですか三日ほど前 から急に段差を登るのを嫌がるようになりました。
それでもお尻を少しつ ついてやると何とか飛び上がっていたのですが今日になってどうしても登 れなくなってしまいました。
何かおねだりするときも後足で立って飛びついたりしていたのですがそれも出来なくなりました。
前足を持ち上げると、後足で立つのが辛いらしくすぐに腰が砕けたように へろへろと座り込んでしまいます。
普通に歩けるし走ることも出来るので、病院に連れて行くべきかどうか、 迷っています。
食事も排便も普通です。
年のせいにしては急すぎるような気もするのですがどうなんでしょうか?
教えてください。

Re: ジャンプできなくなりました  クレス さん

はじめまして、miyaさん。
急にジャンプできなくなった、しかし、普通に歩くし元気だとのこと。 足腰を触ると痛がったりはしないのですよね。食欲もあるんですよね。
うちのワンコ(9歳9ヶ月)と同じですね。 ワンコの足腰のためにはジャンプはさせないほうがいいのだそうですよ。 飛び上がったら、飛び降りなくてはならない。 その時に、骨折するコだっていますから、「できるだけソファなどに飛び上がる癖をつけないように」と、ブリーダーさんから言われていたのですが、制止しても、若いうちは、ワンコも元気いっぱいで勝手に飛び上がったり飛び降りたりしてしまうものですよね。
しかし、3ヶ月ほど前に、散歩中のベンチに飛び上がったのを最後に、「もうアタシ、ジャンプはしないの、子供じゃないんだし」という感じで、飛ばなくなりました。
後ろ足を時折力なく引きずるようになりました。 医者に診せたら、年相応の老化だということです。 ペットに鍼灸を施す獣医さんにも診せました。

やはり老化です。

年を取ると、足先の感覚も鈍ってくるのだそうですよ。 ムリをさせずに、過激な運動もできるだけ避けて、足腰のマッサージをしてやるといいそうです。
そして、もし肥満でしたら、足腰に別の負担をかけてしまうので、できるだけ植物性のフードや豆腐などでダイエットをさせるといいですよ。
ワンコの体はワンコ自身がよく知っているので、ワンコの好きなようにさせて、ムリをさせないほうがいいと思います。 「飼い主を喜ばせるのも大変だわぃ」と思っているかもしれませんよ。

Re^2: ジャンプできなくなりました    miyaさん

ご丁寧なお返事、ありがとうございました。 やはり、老化なのですね。最近は家の中では元気にしていても、散歩に 行くのを嫌がるようになりました。
もしかして椎間板ヘルニア?って思ったりしましたが、痛がってる様子 もないし。
少し太り気味なのを気にしていたので嫌がっても散歩に連れて行ったり していたのですが、少し控えて、食事療法にしようと思います。
いつまでも若くて元気だって思っていたけど、犬って想像以上に老化が 早いんですね。
頭でわかっていてもやはり淋しい気持ちになります。 アドバイスいただいたように、無理をさせず、ゆっくりと体調を戻して あげるよう心がけます。

とある本の一節より   クレス さん

「僕が年を取った時は、どうぞ世話をよろしくお願いします。 あなた方人間も、いつかは老後を迎えるのですよ。」
犬は、だてに年を取らない。パートナーとの付き合いが長いほど、その心の奥まで読み取れる。
だから、もし病院で深刻な病気が見つかったとしても、犬の前ではそんな話題を口にしないでほしい。
犬が必要なのは、病気の告知ではなく、余生をできるだけ幸せに、パートナーと一緒に過ごすことである。

『犬が訴える幸せな生活』(林良博著、光文社刊)より こんな文章が載っていました。
小型犬は、長命だといいます。だから、10歳なんてまだまだ中年! いつまでも楽しく明るく過ごせるといいですね。

犬の体の部位などから探すには?


犬の病気や犬の健康を語句検索

Google
犬の病気や健康
脳・頭頸(首)・耳・鼻・咽喉(のど)・眼(目)・歯・口

犬の病気や健康
犬の病気・がん(ガン・癌・悪性腫瘍・白血病など血液のがん)

犬の病気や健康
足・皮膚・毛・骨・痴呆・手術

犬の病気や健康
お腹・大腸・小腸・直腸・卵巣・精巣・子宮・去勢・避妊・肛門・会陰ヘルニア・尿・便・腰・ヘルニア・膀胱

犬の病気や健康 食欲不振(食欲減退)・異常食欲・嘔吐・老犬・事故・ケガ・介護・痙攣・ふらつき・てんかん・気絶・ストレス・メンタル・夜鳴き・異常行動・衰弱・急変・重篤・危篤
犬の病気や健康 胃・肝臓・腎臓・膵臓(すい臓)・脾臓・胆嚢・副腎皮質機能・状腺血糖値・糖尿病・高脂血症・水・狂犬病・全身・原因不明
犬の病気や健康心臓・肺・循環器系(フィラリア症は寄生虫ですが)・血液・貧血・吐血・出血・喀血

犬の健康や病気相談

犬の病気・犬の健康の相談サイト・犬だワン・健康クラブは、犬の病気を飼い主同士の助け合い相談 ページのトップへ戻る